スピーカー買取を成功させるコツ

不要になったスピーカーを買取に出す場合、ちょっとしたコツを抑えることで査定額を上げることも可能です。

オーディオに詳しくなくても問題ないため、基本的なことだけでも覚えておきましょう。また、高級スピーカーを買取に出す場合、ブランドの知識や買取店に対する知識を深めておくことで、より高額な査定額が期待できるようになります。

傷や劣化に対する保管方法を考える

スピーカーは性能だけでなく見た目、状態の良さも査定に影響するため、普段から傷や劣化に気をつけて使用することが大切です。特にスピーカーは出しっぱなしにされていることも多く、知らぬ間に汚れが付着している可能性があります。

もし汚れが見つかった場合、買取に出す前に汚れを落とすことでマイナス査定を避けることができるでしょう。また、スピーカーは精密機械のため、綺麗にする際に水が内部に入り込まないよう注意する必要もあります。

他にも、風通しの良い場所にスピーカーを設置することもポイントです。

スピーカーは一部が錆びやすく、錆びついていると当然査定に悪影響を与えてしまいます。一度錆びつくと取り除くのが大変なので、湿気が溜まらないよう風通しの良い場所がスピーカーには必要になるのです。掃除をする際には、基本的に水拭きは行わず、乾拭きすることでホコリを拭き取りましょう。

できればネット部分を外して軽くホコリを取り除けると、良い査定に繋がりやすくなります。もう一つ、何かパーツが破損している場合、無理やり修理する必要はありません。修理費用が買取額を上回るケースもザラにある上に、修理自体が失敗する可能性もあるためです。

一部が破損しているスピーカーを買取ってくれるかどうかは、スピーカーの状態と買取店にもよりますが、たとえ買取を拒否されても廃棄すれば問題ありません。廃棄する場合は手間と費用がかかる点には注意しましょう。

買取は早めがおすすめ

スピーカーは買取時期が早いほど高く買取ってもらえる可能性が高まります。オーディオ関連は技術の進化も早く、新しい技術がどんどん取り入れられていきます。同じシリーズのスピーカーでも、最新型と旧型では性能に大きな差が生まれることもあるため、買取を先延ばしにするほど査定額が不利に働きやすくなるのです。

デザインが優れていたり、アナログな部分が評価されているスピーカーなら話は別ですが、一般的には早めの買取がおすすめされています。最悪の場合、旧型というだけで買取拒否されかねません。それだけ新しいモデルというのは大きな力を持っているので、査定額が0になる前に買取に出しましょう。

付属品を揃える

どの買取品にも言えることですが、付属品は完品に近くなるほど査定額がアップしていきます。仮にスピーカー本体の状態が良くても、付属品が全く揃っていない状態では査定額が大きくダウンしかねないため、外箱や保証書、説明書といった付属品は全て揃えておくことが大切です。

少し高価なスピーカーの場合、購入時のレシートも査定額にプラスに働く可能性があるため、一緒に保管しておくと良いでしょう。もちろん、付属品の状態もスピーカーと同様に重要になるため、箱を潰したり説明書に汚れを付けないよう注意が必要です。

リサイクルショップよりも専門の買取店

スピーカーの買取は主にリサイクルショップや買取店で行なえますが、何らかの事情がない限りは専門の買取店に持ち込んだ方がお得です。

スピーカーの価値をきちんと理解し、適切な査定額を提示してくれるのはやはり専門店です。リサイクルショップでは相場からかけ離れて大幅に減額された金額を提示される恐れもあるため、その意味でも専門の買取業者は強いのです。

もしも近くにそんなお店がなくても、今は宅配買取や出張買取で自宅から買取に出せるため、特に問題ありません。その分時間はかかりますが、それだけのメリットはあります。また、どこに買取に出すにしても、一度は相場を確かめておくことをおすすめします。

相場がわからなければ適正価格もわかりませんし、買取に出すことで得をするのか損をするのかもわかりません。オークションサイトや中古価格を参考にしながら、買取に出したいスピーカーがどれくらいの価値を持っているのか把握しましょう。

仮査定サービスも利用すれば、より正確な相場を確かめることができます。

スピーカーのタイプを抑える

基本的には、スピーカーはサイズが大きくなるほど査定額がアップします。小型でも有名ブランドのスピーカーや最新型は高く買取ってもらえますが、高級スピーカーともなるとある程度の大きさを持つタイプが多く、やはり大きいほど査定額の高さに繋がります。

注意点としては買取方法で、大きめのスピーカーの場合店頭買取は車がないと難しくなります。無理に運んで傷をつけてはいけないので、持ち運びが難しいと感じたら遠慮せず出張買取を利用して自宅で買取ってもらいましょう。

コンポもスピーカーの一種ですが、最新タイプでないと査定額が大幅に下がる可能性があります。新しいほど高く売れるのがスピーカーの基本ですが、例外的にアンティークとしての価値がついているスピーカーは高価になりやすく、場合によっては最新型以上の価値がつけられることもあります。

古いスピーカーは家で眠らせておくよりも、思い切って買取に出してみましょう。ただし、専用の買取店でないと価値がわからない可能性があるため、アンティークならなおさら買取店へ下取りに出すことが大切です。

その他の注意点

スマートフォンでも音楽が聞ける時代ですが、まだまだ携帯オーディオなどの人気も終わっていません。車内でも音楽を楽しめる携帯オーディオは一定の人気を誇っており、買取に出しても想像以上に値がつけられることもあります。

コンポを買取に出す場合、一式揃っていないと買取価格が下がります。仮にいずれかのパーツが破損していたとしても、一緒に買取ってもらえる可能性があるため、とりあえず持ち込んでみると良いでしょう。その他の注意点としては、高価なスピーカーである場合純正品である証明が必要になります。

スピーカーは完品であるほど良いと説明しましたが、中でも保証書はスピーカーの価値を証明する大切な要素でもあります。購入時の状態のまま保管しておくことで、スピーカーの出処や価値をいつでも証明できるようにしましょう。